に投稿 コメントを残す

水素吸入法の効果<テレビ放映>

水素吸入メディア紹介

水素吸入医療法「BSテレ東 日経プラス10」での紹介動画

さすがテレビでわかりやすく紹介されています。

他にも水素が紹介されている番組がこちら

テレビ朝日 モーニングショー そもそも総研「【最新情報】水素って本当にカラダにいいの?!」

慶応義塾大学病院などでも研究がされていて、近年高い健康効果があるということが認められてきています。

重要なのは水素水ではなく、水素ガス

いずれの動画でも紹介しているのは「水素水」ではなく「水素ガス」の吸入です。

重要なのは水素水ではなく、水素ガスというのがカギとなります。

なぜ水素水ではなく水素ガス?

単純に水素が摂取できる量が違うからです。

また、水素水というのは水素が水の中に溶けて存在する(溶存できる)量というのは限界があり、また溶存させても温度環境や放置しておくだけでどんどん抜けてしまい、身体に健康効果がある程の水素が摂取できないため「身体によさそうだけど実際いいのか実感できない」というのが水素水です。

一方で、水素吸入というのは水素ガス発生器から水素が発生されたものをダイレクトに体内に取り込む方法です。

そのため、1時間の水素吸入で水素水180-900L分の水素が摂取が可能となります。

水素水は1時間の間でせいぜい500ml-1L程度しか摂取できません。単純に数百倍の量が摂取できるので多くの方で効果が実感が得られます。

また効果実感が得られない方でも高い還元*能力を持つため血液を検査すると吸入前と後でサラサラになります。

*還元は酸化の反対。酸化≒老化

定期的にで続けることで、肌に変化が出る方や、身体の持久力に変化を感じる方、仕事でのパフォーマンスの変化など、感じるポイントは人それぞれ違ったりします。

これからの水素摂取の定番は「水素水」ではなく「水素吸入」

水素水で効果を感じられず、伊藤園の水素水の一件であまり水素に興味がなかった方も、ぜひ一度水素吸入を、できることなら生成できる水素流量が多いもので体験してみてください。